6月 032011
 

初めて立教大学に行きました。レンガに蔦の絡まる歴史を感じさせる校舎。中庭の木々の下、ベンチで語り合う若い人たち。いわゆるキャンパスライフを知らない私にとっては、まぶしいくらい、感動的に美しい光景でした。

今回のレクチャーはテナーの村上惇さんが「キリスト教音楽」の星野宏美教授に頼まれた授業で私はお手伝いで参加しました。

プログラムは次の通り。

歌とリュート
G. Caccini: Amarilli mia bella
G. Frescobaldi: Voi partite mio sole
リュート二重奏
Anonymous: Greensleeves
Th. Robinson: A fantasie
J. Dowland: My lord Willoughby’s welcome home
リュートソロ(櫻田)
J. Dowland: Lacrimae Pavane
歌とリュート
J. Dowland: My thoughts are wing’d with hopes
H. Purcell: Music for a while
H. Purcell: If music be the food of love

歌手の村上さんは実はリュートも弾けます。東京藝術大学院での卒業試験では弾き語りまで披露しています。リュートコンソートメンバーとして常滑や蕨でも演奏に参加しています。今回が歌の他にリュート二重奏を披露しました。
レクチャーも村上さんが担当。お話も上手で楽しいコンサートとなりました。村上さんが今後海外留学も考えているようです。できれば、今回のプログラムでまた、皆さんに聴いてもらえる機会を作れたらと思っています。

「男が歌うダウランドはいいね。ぜひ、レパートリー増やして、またやりましょう」帰り道での一言でした。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>