4月 242011
 

「のすたるぢあ」よりソサエティ会員へ

リュートの歴史 2 佐藤豊彦

ヨーロッパの弦楽器ほとんどが リュート属広い意味でのリュート属はインドのシタールや中国のピパ、さらにはロシアのバラライカやハワイのウクレレを含むだけでなく、擦るリュートとしてヴァイオリン属やアフリカのラバブ、クレタのリラまでが含まれる。従ってハープとを除く、今日ヨーロッパに見られる弦楽器のほとんどがリュート属であると言える。木で作られた楽器が響胴とネック(竿)を持っていて弦が張られていればまずはリュートの親戚である。ギターやコントラバスもしかり。従って今でも優れたヴァイオリン製作家を・・・・・・
記事を読む場合は Login するか Register で登録してください。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>