12月 062016
 

今日12月5日はガンバの西谷さんを入れて村上さんとの
リハーサルでした。
フランスでガンバがもてはやされたのが
よくわかります。
フランス的なリズムの処理が
歌に近いのでとても弾きやすくなりました。

写真は、小節線のない楽譜で
歌と低音の位置がずれているので
楽譜を書き直したものです。

もっと見る

自動代替テキストはありません。

今日12月2日はテナーの村上さんと2回目のリハーサルでした。
最初のリハーサルでは
とらえどころのない曲だなと感じましたが、
「これはいい曲だねえ〜」を連発!!
かなり楽しめました。
次回、西谷さんのガンバを入れた
リハーサルがさらに楽しみです。

どちらの楽譜もエール ド クール。
右が前回の演奏会のもの。タブ譜なので
基本、書かれた通りに演奏します。

左が今回。通奏低音です。
リュートは数字を参考に和音を
補って弾きます。

前奏で 7 6 7 6 がこれもかという感じで続きます。
甘い進行です。

これは何を表現しているのかなあ?
「美しい春の日」かな?それとも
「愛の生まれるところ」

などなど 考えたり想像したりして
弾くのも楽しいものです。

自動代替テキストはありません。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>