9月 032012
 

SABA彩子の美術史 20名集まり盛会でした。 
今回はシエナの市庁舎にあるシエナ派最高の画家
ロレンツェッティのフレスコです。

初めて参加した方もわかりやす先生の説明に
惹きこまれたようでした。
いろんな質問でてさらに理解が深まる会となりました。

 

授業より

右の絵は女性がくつろいでいるように見えます。
でも実は女性は人間ではありません。

よく見るとクッションの下に中世の甲冑か黒く覗いています。
頭にはオリーブの冠。手にも持っています。
頭の上をよく見るとPAX(パックスとは平和、英語のヒースに
当たるラテン語です。)と書いてあるのです。
これで軍服を人々に着せず、
自らの下に敷いている全身白衣の女性は
『平和』の寓意(アレゴリー)象だと分かります。
『白』は平和の象徴(シンボル)、
『オリーブの木』も平和の象徴です。

この絵は何と言っても頭上に文宇が書いてありますが
書いていないこともしばしば。
西洋キリスト教美術の世界を愉しむには、
こういった知識かおるかどうかが
大きく関わってきます。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>