7月 062011
 

久しぶりに東京音大に行ってきました。
新校舎も完成して、中もきれいで充実していました。
前に来校した時は建築中でした。ずいぶん前ですね。

今回はリコーダーの大竹尚之先生の授業での演奏です。
ルネサンスリュートとバロックリュートを紹介しました。

「”吟遊詩人になりたい”というのが最近リュートを習いに来る人には多いですね。」
という話に興味を持ってもらいました。

ヴィゼの左手での装飾の話や、ルネサンスリュートのフィゲタの話などをしました。

絵はヴァイス当時のドレスデンの様子
「アウグス橋下流エルベ川 右岸からみたドレスデン」(1748) Bernord Bellotto(1720-1780)

プログラムです。

11コースバロックリュート

ケルナーのファンタジア 
ガロのトンボ
ヴィゼのアルマンドとクーラント
ヴァイスのファンタジア

ルネサンスリュート

グリーンスリーブス
イタリアーナとシチリアーナ
ダウランドの涙のパバーヌとジョンスミス氏のアルメイン