3月 062019
 

4月1日のリサイタルに向けて佐藤豊彦氏より「コンサートに寄せて」をいただきました。当日も解説していただきます。佐藤氏にお会いしたい方も是非、いらしてください。ありがとうございます。

コンサートに寄せて    佐藤豊彦 櫻田亨さんが「フランス・ルネサンスのギターとリュート」と言う大変珍しいリサイタルを4月1日に近江楽堂で開かれます。これは氏の同じタイトルによるCD発売記念でもあります。
リュート・リサイタルと言えばバッハ、ヴァイスやダウランド、もしそうでなくてもフランチェスコ・ダ・ミラノなどの高名な作曲家の作品の演奏が定番です。しかしここでは4コースのルネサンスギターと6コースのリュートがガット弦使用で演奏されます。
ハワイの楽器として有名なウクレレは17世紀にポルトガル人が持ち込んだギターが変身したものです。と言うことは、ルネサンスギターは小さくて持ち運びが楽なだけでなく、弦の数も少ないので簡単な和音であれば誰でもすぐに弾けるという大きな利点があります。その為、床屋で待っている間に弾かれただけでなく、大航海の船旅にも携帯され、人の心を癒したのです。
一方リュートと言えば現在ではダウランドが使っていたような8コースのものが定番ですが、16世紀末になるまでは6コースでした。これも現在ステージで聴くことは稀です。特にガット弦使用ともなると皆無に近いでしょう。現存するオリジナルの楽器はありません。今回の使用楽器はハンス・ホルバイン(1497/98-1543)の絵画から復元製作されたものです。
この2つの楽器で、これだけまとまった数のル・ロワとアテニャンの作品が、それもガット弦使用の楽器で録音・演奏されるのは世界でも初めてのことと思います。ル・ロワのギター曲は今までほとんど演奏されていません。アテニャンは遠く地中海の東、黒海へ香辛料を求めて船旅をした商人で、彼の作品にはそこここに東洋の雰囲気が感じられます。
今回もとても楽しいリサイタルになると思いますが、櫻田さんの常に前向きなアプローチにさらなる期待をします。4月1日のリサイタルに向けて佐藤豊彦氏より「コンサートに寄せて」をいただきました。当日も解説していただきます。佐藤氏にお会いしたい方も是非、いらしてください。ありがとうございます。

5月 082018
 

佐藤豊彦さんよりコンサートに向けて
メッセージをいただきました。

「「シャコンヌ」は「せせらぎ」の様に循環を繰り返します。
「せせらぎ」のみならず自然界では月や太陽も循環を繰り返しています
人間一人の一生は100年あるか無いかですが、長い人類の歴史を考えるとその長い循環の短い一瞬を前の代から受け継いで次の代へのバトンタッチを担うことです。
1曲の「シャコンヌ」は短いですが、それを何曲も続けて演奏することで循環の情景に浸ることが出来ると思います。
そのコンセプトの為に今回のコンサートを休憩で中断しないで行いたいと思います。
演奏される曲の数に変わりはありません。」
Toyohiko Satoh

チケットは連絡いただければ、手配します。
よろしければシェアをお願いします。

もっと見る

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト

2月 012018
 

27336367_1327617494049097_793143026669781104_n月の沙漠コンサートシリーズのCDがもうすぐ完成します。
今日は、熱海にあるスタジオを訪れました。
海の見える素敵なロケーションです。
よくわかりませが、13チャンネルの3Dでも再生できるように録音されているようです。
実際に聞いてみると、身体の中に音が響く感じでした。
まさに「体感する」経験をしました
。発売はCDとしてですが、東京オリンピックの頃にはこうした再生も普及するかもとの事でした。
CDではリュートソロは イタリアーナ~シチリアーナ、
サリーガーデンというコンサートのアンコールでよく弾いてるレパートリーです。
お楽しみに。

27336796_1327617480715765_2261456263422411021_n

10月 132016
 

昨日は、豊田さんと15日のコンサートのリハーサル。
今回はmartinさんのリュート3台使います。
リュートらしい明るい音が魅力です。
まだ、席はあるようなので是非いらしてください。

豊田さんの歌声は、佐藤豊彦氏が初めて聞いた時に
「リュートソングにぴったりの声質。」と賞しました。
ダウランドの弾き語りもあります。

櫻田 亨さんの写真

9月 282016
 

リュート&アーリーギターソサエティ・ジャパンからのお知らせページです。

2016年11月3日(祝)に藤沢にある新堀芸術学院にて
佐藤豊彦氏のミニレクチャーコンサートと公開レッスンがあります。

聴講生を募集します。
聴講料2000円で佐藤氏のバロックリュートの演奏を聞くことができます。
また、受講生も演奏活動されている方ばかりで、聴き応えのあるレッスンになると思います。とても楽しみですね。
今回の主催は新堀芸術学院になります。
ソサエティの会員の方も聴講料2000円が必要です。

2016年11月3日(祝)
藤沢:国際新堀芸術学院 本館
佐藤豊彦リュートセミナー
11:15~12:00 
藤沢校生よるギター合奏 ヘンデル作品6-12第1楽章
12:00~13;00 昼食
13:00~13:30
 佐藤豊彦レクチャー(バロックリュート演奏とお話)
13:45~14:30
 田口尋夢(ギター) スカルラッティソナタ イ長調K322 & ヴァイス ロジー伯のトンボ
14:30~15:15 
岩木俊宏   バッハのチェロ組曲第3番

15:15~15:45 休憩

15:45~16:30 
高橋結実子(歌)&田口洋美(ギター)シューベルトのセレナーデ 他
16:30~17:15 
近藤絹代 (リュート&歌)ダウランドの蛙のガリアルド
 ああ、私のバカな人生 他
17:15~18:15 
金庸太(ギター)バッハのヴァイオリンパルティータ第2番