6月 132021
 

おやすみリュートの時間です。リシェーはフランスに生まれ、

今のポーランドに定住した貴族出身のリュート奏者です。

ルサージュ デ リシェーを日本語で言うと「裕福な賢者さん」となります。

“自由奔放な”とつけられた小節線のない前奏曲をお聴きください。

 

6月 072021
 

グリーンスリーブスには主に歌われるメロディと器楽の為の2種類があります。

本日は器楽バージョンの最初のフレーズを弾いてみました。

リュートも時代や楽曲によって使い分けて演奏しています。

同じメロディで音色や響きの違いを感じていただけたらと思います。

1.14コース複弦テオルボ(392Hz in A) 2.13コース単弦テオルボ(415Hz in A) 3.13コースバロックリュート(392Hz Dm調弦) 4。11コースバロックリュート(415Hz Dm調弦) 5.10コースバスリュート(415Hz in D) 6.13コースアーチリュート(415Hz in G) 7.10コースルネサンスリュート(415Hz in G) 8.8コースルネサンスリュート(440Hz in G) 9.8コースルネサンスリュート(415 in G ) 10.6コースルネサンスリュート(440Hz in G) 11.6コースソプラノリュート(415Hz in D)

演奏:櫻田亨 お休みリュートでまだ登場していないリュートもありますね。

今後、その楽器での動画演奏も配信していきます。

各リュートの調弦、用途、製作者など詳しい情報は、別チャンネルを準備中です。

【サクラダ先生のリュートチャンネル(仮)】

コンテンツ予定  楽器紹介 CD紹介 はじめてのリュートレッスン

おやすみリュート曲目解説 ワンポイントアドヴァイス   佐藤豊彦氏の特別講座 等‥

_________________________________________________

6月 072021
 

ヴァイヒェンベルガーは1676年、オーストリアのグラーツに生まれ、

1740年にウィーン亡くなったリュート奏者です。バロン(リュートに関する歴史的、理論的研究書)によれば

「ヴァイヒェンベルガーの6曲のリュート組曲は、質の高い作風である」と賞讃されています。

_________________________________________________

アルマンド~クーラント Allemande~Courante(Suite in F-Dur)

作曲:J.G.ヴァイヒェンベルガー (Johann Georg Weichenberger)

演奏・編曲:櫻田亨(Toru Sakruada) 演奏楽器:11コースバロックリュート

 

5月 222021
 

2021年5月29日(土) あさ8時放送! ゲストは、曲がったネックが特徴の『ギターの祖先』リュートの演奏家・櫻田 亨さん! リュートは16世紀に大流行した撥弦楽器で、女王様が眠る時に枕元で演奏されたという! 細い弦を2本ずつ張る『複弦構造』で、ネックが曲がっているのは…運ぶ時ラクだから? 見た目に反して、片手でも持ち上げられるほど軽い!楽しむ楽器だから練習曲はない…? 櫻田さんは25歳の時、世界的巨匠・佐藤豊彦氏に弟子入り志願!何故かオランダに移住? 『おやすみリュート』でおやすみなさい!5分より30分の方が評判がいい!どういう事? 櫻田さんはレスピーギのオーケストラ曲を!大谷さんはバッハ編曲のリュート曲を演奏! 今回は『ギターの祖先リュート』と『歌うヴァイオリン』が17世紀の大流行曲でコラボ!! ◆おんがく交差点 BSテレ東(BS7ch)にて毎週土曜あさ8時放送! https://www.bs-tvtokyo.co.jp/official… #おんがく交差点 #バラエティ

5月 092021
 
「おやすみリュート」も1周年になります。
これまでのリュート曲をまとめてみました。
色々あるこのご時世
たまには ”夜更かし” も良いかもしれませんね。
このチャンネルのおかげでTVの出演も決まりました。
5月29日(土)8時 BSテレ東「おんがく交差点」
今の時点では予定です。確定したらまた、ご案内しますね。

 

4月 252021
 
おやすみリュートは11世紀、中世の音楽です。
ギターを弾いているときにリュートに興味を持つ
きっかけになった曲です。
ナルシソ・イエペスがアンコールで弾いていいた曲です。
リスペクトを込めあえて、彼のアレンジを元にリュートにしてみました。

4月 182021
 
昨日、BSテレ東の「おんがく交差点」の収録がありました。
放送は5月下旬の予定です。
放送日が決定しましたら、お知らせしますね。
ソロ演奏とヴィオリンとのアンサンブル、
何とトークもあります。お楽しみに。
毎週土曜日の朝8:00 BSテレ東
4月 182021
 
おやすみリュートの時間です。
これまでのフランスの音楽のまとめです。
18世紀の11コースバロックリュートで始まり、17世紀の10コースリュート、
16世紀の6コースルネサンスリュートと続きます。
最後に4コースのルネサンスリュートと時代がさかのぼるにつれ、
弦の数が減っていきます。響きの違いなどを楽しんでいただけたと思います。